麻布十番今林クリニック

麻布十番今林クリニックは
第二種再生医療等提供計画番号
取得しています。

実施責任者 今林 正典
実施責任者 
今林 正典

幹細胞による再生医療には認可が必要!

幹細胞を用いた再生医療を提供するためには、厚生労働省に認定された『特定認定再生医療等委員会』で、安全性や有効性、クリニックおよび品質管理の体制などに関する厳しい審査を受ける必要があります。審査に合格した医療機関のみが、治療計画を厚生労働省に提出できます。そこで受諾され、再生医療等提供計画番号を付与された医療機関のみが、幹細胞による再生医療を提供できるのです。
麻布十番今林クリニックは、この第二種再生医療等提供計画番号を正式に取得した医療機関です。

再生医療とは?

一言でいうと、病気やケガ、加齢によって、傷ついたり失われたりした人体の組織を「再生する」ことを目的とする医療です。実際の医療現場においては、幹細胞を用いた治療が再生医療の主流となっています。今までになかった治療法として近年脚光を浴び、今なお盛んに研究が続けられています。

幹細胞とは?

人体組織の再生過程において重要な役割を担っているのが幹細胞です。簡単にいえば、傷ついたり失ったりした組織を補充・修復する能力を持った細胞、ということになります。
幹細胞は大きく多能性幹細胞 / 組織幹細胞の2種類に分けられます。

多能性幹細胞

ひとつは、人体のあらゆる細胞に変化する能力(分化能)をもった多能性幹細胞です。再生医療研究において長らくその中心であったES細胞(胚性幹細胞、Embryonic Stem Cell)や、iPS細胞(人工多能性幹細胞、Induced Pluripotent Stem Cell)が、この多能性幹細胞に当たります。iPS細胞はノーベル医学生理学賞を受賞された京都大学の山中教授が世界で初めて作製されたことで有名です。

組織幹細胞

もうひとつは、組織幹細胞です。組織幹細胞は、あらゆる細胞に分化できる多能性幹細胞とは異なり、分化できる組織が決まっています。血液や皮膚、脂肪などの組織では、組織幹細胞が消えていく細胞の代わりを絶えずつくり続けているのです。
当院では、この組織幹細胞を用いた再生医療を行っています。

脂肪組織由来幹細胞について

当院で行う再生医療は、患者様ご自身の脂肪組織から採取した幹細胞(自家脂肪組織由来幹細胞)を培養増殖して使用します。
幹細胞から分泌される生理活性物質(サイトカイン)が周囲の組織に働きかけ、組織の修復や血管の新生を促すほか、抗炎症作用、抗酸化作用といった様々な効果が期待されます。
脂肪組織由来幹細胞は、組織の採取が比較的安全かつ容易であり、含まれる幹細胞の量が多く、骨髄や臍帯血、歯髄といった他の間葉系幹細胞と比べて増殖能も高いとされており、医療現場における再生医療への応用や治療効果が期待されています。

自家脂肪組織由来幹細胞による
治療のメリット、デメリット

メリット

ご自身の体の脂肪組織から採取した幹細胞を使用するため、拒絶反応やアレルギー反応といった副作用のリスクが最小限に抑えられます。また、脂肪組織は体の表面からすぐ近くの皮下に存在するので、採取が比較的容易であり、肉体的な負担が小さくて済みます。

デメリット

研究や応用が進んでいるとはいえ、新しい治療法であり、その有効性や安全性については十分に確立されているとはいえません。また、どのような治療についても当てはまりますが、予期せぬ副作用が起こってしまう可能性がゼロではありません。
当院では、肺塞栓症といった重篤な合併症に対する対策を含めて、考えられるリスクに対し、徹底的な発生予防に努めています。

幹細胞を静脈点滴投与する意味

当院では、採取した自家脂肪組織由来肝細胞を静脈点滴によってご自身の体内へ戻します。静脈投与を行うことで、皮下注射などの局所投与では到達させることが難しい体中の組織に、血流を介して幹細胞を到達させることが可能となります。
大きな効果の期待できる投与方法ですが、厳しい安全管理を必要とするため、点滴投与を認められた医療機関は決して多くはありません。
当院は、幹細胞の静脈点滴投与が認可されている医療機関です。

自家脂肪組織由来幹細胞を
静脈投与するメリット

  • 自分の細胞だから安心
    (拒絶反応やアレルギー反応のリスクが低い)

  • 組織の採取が安全で容易

  • 体への侵襲負担が少ない

  • 幹細胞の量が多く、増殖機能が高い

  • 身体中に幹細胞が届く

脂肪幹細胞治療により期待される
5大治療効果

実際の治療の流れ

丁寧な診療を
心がけております

当院は予約優先で診療を行ってまいります。
直接来院も承りますが、受付時間外もしくは混雑状況によりお受けできない場合もございますことをご了承ください。